ファシリテーターについて

ペイシェントサロンファシリテーターとは?

一般にファシリテーターというと以下の能力が求められています。

・参加した方の対話が円滑進むようなスキルを身に付けていること
・参加者に興味を持ち、個々の背景を捉えた上で、各自の持ち帰りができるよう配慮できること

さて、ペイシェントサロンは、患者と医療者が対等に対話する場です。
この両者は、医療界においては「医療者が上、患者が下」という構図があります。
そこで、ペイシェントサロンファシリテーターは、前述した一派的なファシリテーターの能力に加え、その関係性を崩し、患者協働の医療を目指し、対等に対話させるマインドとスキルが必要になります。
具体的には以下の様な特徴があります。

・原則として患者や身体障がい者あるいは医療者であること
 これにより、参加者の共感を得られるという大きなメリットがあります。


・医療の現場や社会的背景を把握する努力をすること
 患者が一方的に意見をするのではありません。医療者に教えてもらうだけではありません。
 両者の置かれている立場を理解し、対話を進めていく姿勢が必要です。
ファシリテーターについて

ファシリテーターについて

ペイシェントサロン Pagetop
協賛企業
logo
logo
logo

Copyright (C) 2015 ペイシェントサトロン協会 All Rights Reserved.